記事の詳細

佐野義泰氏が代表を務める株式会社hzi芽は、2012年12月13日に開業したばかりの振興不動産企業です。不動産企業は、住宅やビルの販売を行ったり、工事を執り行う建設業を実行したり、リフォームで不動産を修繕したりなどをする様々な分野に別れています。佐野義泰氏が指揮を執ってきた株式会社hzi芽は、建築リフォーム工事の営業・施工・技術開発の3部門を執り行っています。今年で4年目を迎える佐野義泰氏の株式会社hzi芽は、荒波に呑まれていかなければならない業界で、躍進的な発展を遂げています。

建設業は入れ替わりが激しく、新規参入した企業が3年持ちこたえられるかが、最初の難関になります。株式会社hzi芽は、実績ではまだ他社に劣る部分があります。しかし、この会社は荒波を悠々と駆け巡れられる勢いと、物怖じしない精神力を持ち合わせています。実績で顧客を勝ち取る老舗企業に対して、真っ向勝負を挑んでいるのです。エンジンのかかった新規参入組が、とてつもない下剋上を巻き起こすことがあります。こちらについても、新星の如く現れた振興勢力と言って間違いありません。

自ら売り込み、工事を施工して、新しい技術を生み出す3事業を、一気に請け負っているのがhzi芽の偉大なところです。作業効率を上げるために、分業化をして負担を減らすことを実践してきたのが、日本の伝統産業です。産業革命以降、大量生産を実現させる目的で、事業を分散させるのは当然のしきたりでした。親企業が子会社をつくって、部品などの製造に携わせたりするのは、分業化の典型例となります。また、業種や職種を分別して商品の生産を進める企業の連なりも誕生しました。広告代理店と製造会社がタッグを組んで、商品の売上を伸ばしていくという複数の企業による商業戦略がスタンダードとなっています。

1つの会社で手に負えない仕事は、外部と提携を結んで軽減していくのが現代的な形です。hzi芽は、敢えて流行りの商業戦略に逆らって、自社で行える仕事を集中させる中央集権型を採用しています。リフォーム3本柱によって、依頼主と専門的な技術にまで触れた話し合いができる利点が生まれています。分業化では、各々の部門が他を干渉しないという性質が生まれて、一定の会社と話を深く掘り下げることが困難となっています。業務に関与しない話は、他社に相談する不都合が生じて依頼人の手間を増やします。業務を一点に集中させることで、依頼主に信用されているのです。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る